熱燗

日毎に寒さが身に染みる季節がやってきました。
この時期には、熱燗がぴったりですね。熱燗は、日本酒を50℃前後まで温める飲み方です。
熱燗には、温度帯によって異なる味わいや香りを楽しめる魅力があります。
他にも40℃が「ぬる燗」、45℃が「上燗(じょうかん)」など温度帯 によって表現が異なり、
温かい日本酒全般を指すには「燗酒(かんざけ)」という言葉を用いる事が多いようです。

熱燗の作り方は、湯煎で作る方法がベストです。徳利に日本酒を入れて、
水を入れた鍋を火にかけて沸騰させます。
沸騰したあとは火を止め、徳利をゆっくりと浸けます。熱燗であれば3分ほど浸けましょう。
熱燗には、湯豆腐、鰤のしゃぶしゃぶ、ふろふき大根などがよく合います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP