打吹公園

打吹山の麓にある打吹公園(うつぶきこうえん)は、大正天皇が皇太子の時、山陰に訪れたのを記念して、明治37年に標高 204mの打吹山の山麓の地を利用し、造園されました。
園内はかなり広く博物館や茶屋、遊具、小動物園、原生林内の散策路などが整備されています。

現在は、さくらとつつじの名所となり開花時には多くの観光客が訪れ賑わっています。
昭和 61 年(1986年)「森林浴の森日本 100 選」選出。
平成元年(1989年)「日本都市公園 100 選」選出。 「日本のさくら名所 100 選」選出。
また公園敷地内には、明治37年大正天皇が皇太子時代に山陰を訪れた際、宿舎として建設された飛龍閣が現在も現存しています。
平成 8 年(1996年)「とっとり県民の建物 100 選」に選出され、平成 23 年(2011年)には「国登録有形文化財」に指定されました。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP