鏡開き

“鏡開き”は日本の伝統的な神事で、酒樽のフタを木槌で割って開く儀式です。
古くから神様への祈願には日本酒が供えられ、神事後には参列者で酒を交わす習慣があります。
菰冠(こもかぶり)と呼ばれる装飾用の菰(こも)を巻いた樽が使用され、吉野杉の樽に菰冠が使われます。
“鏡”は円満を、”開く”は末広がりを意味し、新年の仕事・行事初めの儀式として行われます。
酒樽の鏡を開くことで祈願の成就を願います。
この伝統は神酒としての日本酒が神事で供えられ、祈願後に参列者で酒を酌み交わす習慣に根ざしています。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP